男性型脱毛症治療薬

男性型脱毛症(androgenic alopecia: AGA)は、遺伝的素因を背景とし、アンドロゲン(いわゆる男性ホルモン)の影響で生じた毛周期異常による毛包のミニチュア化(毛が小さく、細くなる)を特徴とする疾患です。

正常の毛周期

AGAの毛周期

AGAでは、成長後期が短縮され、休止期が延長するので、細い毛のまま推移し、抜けてしまうことになります(上図)。

血液の中の弱いアンドロゲンであるテストステロンは、細胞内の5α-還元酵素により強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型はすべての細胞にある一方、Ⅱ型は頭のAGAが起こる部分や前立腺などに限定されます。ジヒドロテストステロンの影響で、上記の毛周期異常が頭のAGA部に起こり、男性型脱毛になるわけです。

男性型脱毛症の代表的な内服治療薬は、5α-還元酵素の阻害剤です。フィナステリドはⅡ型の5α-還元酵素のみを主に阻害します。一方、デュタステリドは、Ⅰ型、Ⅱ型両方を阻害します(Ⅰ型に対してはフィナステリドの100倍、Ⅱ型に対しては3倍)。

デュタステリドのほうが阻害作用が強力な分、リピドー減少、インポテンツ、射精障害などの副作用はフィナステリドよりやや多いようです。

フィナステリドは現時点の毛を維持する、デュタステリドは現時点以上に毛をちょっと増やす、というイメージですが、効果には個人差があります。どちらも自費になります。

まずフィナステリドを6ヶ月内服して効果なければデュタステリドに変更、というのが良いかもしれません。

牛田みらい薬局での扱いは、フィナステリド(プロペシア®の後発品)、デュタステリド(ザガーロ®)になります。フィナステリドは後発品なので、ザガーロ®に比べるとかなり安くなっています。費用につきましては、価格表をご参照ください。