鶏眼、胼胝

Last Updated on

鶏眼(うおのめ)も胼胝(たこ)も、長い間の圧迫、摩擦で、反応性に角質が増殖したものです。足の裏や足の指の間、足の指先などに起こりやすいです。

鶏眼は、肥厚した角質の中心が芯のように真皮へ深く侵入しているために、圧迫すると(体重がかかると)痛みが生じます。

足底疣贅との鑑別が必要ですが、いぼの場合は、削ってダーモスコープで観察すると、点状出血があるのと、体重がかかる場所ではないところにできるのが違いです。

胼胝は、角質は均等に肥厚するので、圧迫しても痛みはありません。

治療は、カミソリなどで角質を削り取ることになります。月に2回までは、処置が可能です。

スピール膏を貼付することもありますが、当院では頻度は低いです。