皮膚の病気

皮膚科で扱う疾患は多岐にわたります。

比較的多くみる病気をただ並べていたのですが、数が多くなってきたので、整理することにしました。

まず皮膚疾患を大まかに分類しています。

 

1.じんましん・湿疹(じんましん、アトピー性皮膚炎など)

2.角化症(乾癬など)

3.水疱症・膿疱症(水疱性類天疱瘡、掌蹠膿疱症など)

4.色素異常症(尋常性白斑、肝斑など)

5.付属器疾患(円形脱毛症、ざ瘡、酒さ、酒さ様皮膚炎など)

6.母斑・腫瘍(ほくろ、脂漏性角化症、粉瘤など)

7.感染症(ウイルス、細菌、真菌などの感染症)

 

それぞれのカテゴリーの下に、個別の皮膚の病気を入れています。

順次公開、リンクのないものは準備中です。

気になる病気があれば、クリックしてください。