皮脂欠乏性湿疹

Last Updated on

一般的に、高齢になると、皮膚のバリア機能が低下し、角層の水分が蒸発して、いわゆる乾燥肌になります。乾燥しているだけであれば、まだ保湿剤などスキンケアで改善します。

乾燥が進み、かゆみがでて、かきくずすことで、四肢や、腰回り、肩などに湿疹が生じてきます。これを皮脂欠乏性湿疹といいます。

皮脂欠乏性湿疹
皮脂欠乏性湿疹

治療は、保湿剤とステロイドを混合したものを外用することが多く、きちんと外用すれば、すぐに良くなりますが、外用剤をすり込まないことが大事です。飲み薬も併用することがありますが、基本は外用剤による治療になります。

生活指導も重要で、特に、入浴時にナイロンタオルの使用は厳禁です。