オンライン診療

Last Updated on

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、当院では電話再診での処方箋の発行を行っておりますが、電話の情報だけでは、患者さんの状態がよく分かりません。皮膚科診療ではやはり皮疹を実際に観察する必要がある、と強く思います。

そこで、当院でも遠隔診療(オンライン診療)を行っています。

curon banner

基本的に再診の方のみとさせて頂きます。3ヶ月以内に受診(対面診察)がある必要はありませんが(時限的緩和措置)、少なくとも当院に受診歴がある方のみとさせて頂きます。

クレジットカードが必要ですが、来院せずに、スマートフォンで問診票に記入し、ビデオ通話で受診すると、処方箋をご自宅に郵送する、またはご希望の薬局にFAX・郵送する、ということができます。薬局によっては、お薬は宅急便・薬代は振込という対応をしてくれるところもあります。

(当院では基本的に再診のみで、受診歴がある方のみ)

(予約枠が設定してあります)

(予約時間になれば、こちらからcallします)

(処方箋をご自宅またはご希望の薬局に郵送)

新型コロナウイルスの専門家会議において、「人との接触を8割削減するための10のポイント」として、(6)診療は遠隔診療、が挙げられ、つまりオンライン診療が推奨されています。

もともと皮膚科疾患はオンライン診療の対象ではありませんでした(この4月10日まで)。ただし、皮膚は眼で見ることができます。そして、スマートフォンのカメラの性能は年々向上しており、写真撮影さえして頂ければ皮膚の状態をよく観察することが可能なので、実はオンライン診療に向いているのかもしれません。

ご希望の方は、curon(クロン)のアプリをお手持ちのスマートフォンにインストールして、ひらぐん皮ふ科・アレルギー科を検索して頂くか、当院のcuronでの医療機関コード”b23c”を入力してください。

 

 

 

医療機関コード: b23c

平日の午前中の2枠(10:00~10:30と11:00~11:30)が設定してあります。

需要があれば、また感染拡大状況によっては、さらに予約枠を増やす予定です。

診察料、処方箋料などの他に、アプリ使用料(330円)情報通信機器の運用にかかわる実費(550円)処方箋の郵送料(84円)が必要になります。これらは実費ですので、公費負担があって自己負担金が0円の方を含め、すべての方に料金が発生します。ご留意ください。