学会

第119回日本皮膚科学会総会

6月4日~7日まで、第119回日本皮膚科学会総会がweb限定で開催されました(本来は京都国際会館で開催予定でした)。6月7日が休日当番日でしたので、4日と5日を代休として、私と副院長もweb参加しました。皆様にはご迷惑をおかけいたしましたが、お陰様で大変勉強になりました。

今回の日本皮膚科学会総会ですが、参加する側からすると、参加費は必要ですが、交通費や宿泊代を払って学会場まで行かなくても学会の参加単位を取得でき、リラックスして興味のある講演を(割と)好きなだけ聴講することができる、という良いことの方が多い学会でした。途中サーバがダウンしていましたが、日本皮膚科学会として初めての試みなので、ある程度の障害は仕方ないと思います。

たとえ新型コロナウイルスが収束しても、来年からもweb開催にして頂けると、休みにくい開業医や、小さな子供がいる女医さんなどの参加は確実に増えるでしょう。主催者側にとっても、懇親会や招宴会は必要なし、講師の宿泊代・交通費も必要なし、何より大きな会場の使用料が要らなくなりますので、結構メリットのある話かと思います。学会に付随した会議は全部オンラインにすればいいですし。実際に手を動かすハンズオンだけ会場に集まるようにするとかで良いのではと思います。