毛孔性角化症(毛孔性苔癬)

毛孔性角化症(毛孔性苔癬)は、主に上腕やふとももの伸側に好発する、毛孔に一致した正常皮膚色~淡紅色で、1~3 mm大の角化性丘疹です。多くは学童期に発症し、思春期頃に目立つようになると言われています。ちたみに下の写真は院長の上腕です。

毛孔性角化症臨床写真
毛孔性角化症

病理をとると「毛孔が開大し、その中に角栓と捻転毛を認める」と教科書的には記載があります。

毛孔性角化症 ダーモスコピー像
ダーモスコピー像

ダーモスコピーでも確かに角化、捻転毛(ねじれた毛)と毛細血管拡張を確認することができます。

遺伝傾向があり、常染色体優性遺伝が推測されています。

治療は対症療法で、尿素剤を外用すると徐々にとれてきます。